スクリーンショット 2020-12-01 16.49.38.png

映画『サイレント・トーキョー』
 2020年12月4日(金)公開

人気作『アンフェア』シリーズの原作者・秦建日子と、大ヒット シリーズ『SP』を手掛けた監督・波多野貴文のタッグで贈る、 Xmasの名曲に彩られた壮大なサスペンス・エンターテインメント。

スクリーンショット 2020-12-01 16.43.45.png

人気作「アンフェア」シリーズなどを手がけた秦建日子が世界中で歌い継がれる名曲「Happy X-mas (War Is Over)」にインスパイアされて執筆した小説「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」。クリスマスの東京を突如襲った≪連続爆破テロ≫に翻弄される国家と人々の姿を克明に紡いだクライムサスペンスを、「SP」シリーズの監督・波多野貴文が、緻密なリアリティーと圧倒的スケールのエンターテインメント超大作として映画化。

事件の行方を握る登場人物たちには、佐藤浩市、石田ゆり子、⻄島秀俊をはじめ、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼らオールスターキャストが集結。

それぞれの視点がノンストップで切り替わり加速していく事件の裏で、彼らの運命が交差する先に辿り着く真実とは何か?

予測不能の物語を包み込むのは、世界が焦がれる新世代アーティスト・Awichがカバーするエンディングソング「Happy X-mas (War Is Over)」。その味わい深い歌声が優しく響き渡り、平和への祈りと日常の尊さを現代に問いかける。巧妙に仕組まれた謎と臨場感あふれる映像で贈る史上空前のXmasプレゼントが誕生した。

Xmasの名曲に彩られた、99分ノンストップの衝撃

​巧妙に仕掛けられた謎に、瞬きさえも後悔する—

舞台となるのは、クリスマスイブの東京。テレビ局に「恵比寿のショッピングモールに爆弾を仕掛けた」という1本の電話がかかって来た。半信半疑で中継に向かったテレビ局契約社員・来栖公太(井之脇海)は、そこにいた主婦・・山口アイコ(石田ゆり子)とともに犯人の罠にはまり、実行犯へと仕立てられていく。突如勃発した連続爆破テロでパニックに陥る群衆の中には、素性の知れぬ男・朝比奈仁(佐藤浩市)の姿が目撃されていた。

そして、次の犯行予告が動画サイトにアップされる。「標的は渋谷・ハチ公前。要求は首相との生対談。期限は午後6時」。真犯人からの要求は、テレビ生放送での首相との対談だった。要求が受け入れられない場合、渋谷・ハチ公前付近に仕掛けた爆弾が、午後6時に爆発するという。

独自の捜査を行う刑事・世田志乃夫(西島秀俊)泉大輝(勝地涼)、不可解な行動をとるIT企業家・須永基樹(中村倫也)、イヴの夜を楽しみたい会社員・高梨真奈美(広瀬アリス)、そして一帯を封鎖する警察、事件を一層煽るマスコミ、騒ぎを聞きつけた野次馬たち。様々な思惑が交差する渋谷に“その時”が訪れる。それは、日本中を巻き込む運命のXmasの始まりだった。

スクリーンショット 2020-12-01 17.31.29.png

上映劇場

​鹿児島ミッテ10 TOHOシネマズ与次郎 シネマサンシャイン姶良

2245481.png

読者プレゼント